ミニチュアダックスフンドの口臭の原因でお悩みならばご相談ください。

口臭の原因

ミニチュアダックスフンドの口臭は、歯石が溜まっていることが一つの原因として挙げられます。

もし、歯石が溜まっている場合は、本格的なデンタルケをすることがお勧めです。

獣医さんに相談すれば、全身麻酔でしっかり除去してくれます。

歯石の除去をしたら今度は予防することが大切ですが、一度除去すると以前よりも歯石がつきやすくなりますので、定期的にプロにケアを任せるのがよいと思います。

もちろんそれほど頻度は高くありません。例えば1年に1度の健康診断の時に時間をかけるパターンでも十分です。ただし、麻酔は侵襲性が高い処置ですので、高齢化したミニチュアダックスフンドには酷になりますので、注意してください。

ミニチュアダックスフンドの歯石が溜まらないようにして、口臭を予防するには、普段からしっかりとブラッシングすることや、歯磨き効果のあるガム、おもちゃ等を習慣付けることが大切になってきます。

歯磨きについては、人間用の歯磨き粉はミニチュアダックスフンドには合いませんので、犬専用の歯磨きを使用すること。また歯ブラシは人間用でも問題ありません。

ですが、ミニチュアダックスフンドも人間と同じで、歯茎が強いのもいれば弱いのもいるので、硬いブラシ、柔らかいブラシと愛犬に合わせて磨きやすいものを選んであげてください。

また、歯磨き粉は愛犬の好みで色々な味が試せますので、好みに合わせてこちらも選んであげてください。歯磨き粉は人間用より高価なものもありますが、少量ずつ使ったり、慣れていけば歯磨き粉なしでブラッシングだけでも十分です。

あなたのミニチュアダックスフンドの口臭は、歯の汚れや歯石が原因なのか、それとも内科系の原因なのかはニオイですぐに判別するのも難しいですので、獣医さんに総合的に検査をしてもらうことも大切です。

胃腸が弱ってくると嘔吐などもすると思いますが、食が細くなっただけで吐かない場合もあります。基本的にはミニチュアダックスフンドの健康状態を常にチェックしながら、様々な原因を考えなければなりませんが、まず一番に口臭の原因として疑われるのは歯石や歯周病です。

歯の表面が茶色くなっていたり、灰色の塊が付着していたら要注意です。ミニチュアダックスフンドは他の犬種より歯垢が溜まりやすいため、やはり飼いはじめから色々な口臭ケアの方法を検討しておくことが一番です。