ミニチュアダックスフンドの特徴をお伝えしています。

特徴について

ミニチュアダックスフンドはドイツ原産の犬です。やけに覚えやすい名前だな、と思う方も多いようですが、ドイツ語でダックスはアナグマの意味、そしてフンドは犬という意味です。

アナグマ猟用の犬として古くから飼われていたため、地中の穴に入り込んで獲物を捕らえることができる体型をしているが特徴の一つです。

その脚が短くて胴長、引き締まった体は筋肉も発達していて、臭覚も高く、狩りで負傷した獲物を追跡する際にも役立っています。

また、ミニチュアダックスフンドは胴長ですがもたもた歩いたりもしませんし、すばやい身のこなしも特徴の一つです。

ミニチュアダックスフンドは当時、かなり体格が大きかったようですが、短毛種から長毛種、粗剛毛種など、デザインも多種多様なものが歴史上に見られます。

ミニチュアダックスフンドの性格としては、とても明るく、活発で人間ともとても友好的に接してきます。またこの反面、がんこなところもあります。やはりこの部分は狩猟犬的な部分とも言えます。

また、ミニチュアダックスフンドは言葉をしっかり理解し、飼い主の行動を常に見ているなど、トータルではとてもしっかりとした犬です。

その他、ミニチュアダックスフンドのサイズについては、体重や体高ではなく、穴に入る際に基準となる胸囲のサイズで区分されるのもユニークな特徴です。

国によっても違いますが、スタンダードとミニチュアの2種類に分けている地域が多いようです。またドイツや日本では3種類目としてもっとも小さいカニンヘンを追加しています。

毛並みについてはロングヘアード、そして短い毛のスムースヘアードと、トップコートに特徴のあるワイヤーヘアードがありますが、本来の毛質はスムースヘアードです。

ミニチュアダックスフンドは日本でのペットとしての人気は常に高く、知的で明るくてファッショナブルなところもあると評価も上々です。

ですが、いたずら好きな性格のため、しつけにとても困っているという飼い主さんは大勢いらっしゃいます。

もし、あなたがミニチュアダックスフンドのしつけで困っているのであれば、遠藤先生のしつけ法を学んでみてください。

遠藤先生は2006年、2007年にはTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも有数なドックトレーナーです。

また、遠藤先生の方法を実践された、ミニチュアダックスフンドの飼い主さん延べ10000人が、短期間でしつけることに成功し、とてもいい子なワンちゃんにすることに成功されています。

詳細は下記より確認することができますので、今すぐチェックしてみてください。遠藤先生のしつけ法があなたのミニチュアダックスフンドがとてもいい子になるきっかけになるはずです。