ミニチュアダックスフンドの性格について

性格について

ミニチュアダックスフンドはとても活発な性格を持っている犬種です。

またアナグマ猟に活躍した頃の好奇心、そして人間に対する友好心など、人間と上手に付き合うための素養をしっかり身につけた犬と言えます。

ミニチュアダックスフンドはボールをちょっと投げたりすると大喜びで取りに行きますし、短足で胴長ながらかなり小刻みに早く走ります。

また全てのミニチュアダックスフンドが同じような性格というわけでもありません。例えばペットショップでミニチュアダックスフンドがたくさんいるところを覗いてみたりすると、よく分かると思います。

尻尾を楽しそうに振りながらお客さんに元気を振りまくミニチュアダックスフンドもいれば、マイペース型で他の場所を眺めているミニチュアダックス、怖がりのように背中を丸めて常に1人を貫いているようなミニチュアダックスフンドもいます。

ですので、やはりミニチュアダックスフンドは個体による差が大きいとも言えます。また、ミニチュアダックスフンドは毛質も性格に大きく反映します。

ミニチュアダックスフンドの改良に使われる犬はそれぞれスムースはミニピン、ロングの場合はパピヨンというように決められていましたので、毛質によって性格が違うことはまず間違いありません。

また交配用の犬種によって性格が似ている部分もありますし、ダックスの場合はそれよりも増して固体差のほうが大きい、とも言えますので、選ぶ場合もあまり気にしない方が多いようです。

明るくて活動的、物事をあまり気にしないで振舞うのがミニチュアダックスフンドの特徴ですが、実はナーバスな面も持ち合わせています。

例えば、人間からしつこくされることも好きではありませんし、走って追いかけるのも好きではありません。また叱りすぎるとかえって言うことを聞かなくなる性質がありますので、しつけにも注意が必要です。

もし、あなたがミニチュアダックスフンドを飼っていて、しつけにとても悩んでいるというのであれば、日本のトップドックトレーナー、遠藤和博先生のしつけ法を学ぶことをお薦め致します。

遠藤先生は2006年、2007年にはTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられています。

また、愛犬のしつけで悩んでいた飼い主さん、延べ10000人以上が遠藤先生のやり方を実践し、短期間で愛犬をおりこうなワンちゃんにすることに成功しています。

きっと、遠藤先生のしつけ法があなたの愛犬をおりこうなワンちゃんにするきっかけになると思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。