ミニチュアダックスフンドを購入するときの選び方や注意点について

購入時の選び方や注意点

購入するときの選び方や注意点

ミニチュアダックスフンドを購入する場合、まずペットショップやブリーダーがしっかりと育てているかを判断することが大切です。

他にもペットショップがミニチュアダックスフンドについての知識をしっかり持っているのか、飼育環境は清潔なのかどうか、また買う際に質問にしっかり答えることができるかなども大切です。

まず、チェックリストなどを作成しておき、たくさんの項目がすべて満点であればかなり信頼ができると言えます。しかしショップの店員さんの見た目が悪かったり、愛情が足りないのではないか、と思える態度を見せたりされるといやなものです。

やはり犬にとってもショップや店員さんの姿勢が反映されるものです。ウンチの処理はしっかりしているか、ゲージの中におもちゃがあるかなど、飼いやすい犬を選ぶ項目はたくさんあると思います。

別のポイントとして、ミニチュアダックスフンドを購入する時期ですが、あまり早い時期に親から引き離してしまうと他の犬との接し方も身に付かなくなったり、やはり社会性が乏しくなりがちです。

これは子犬にとっては可愛そうなことですから、どれくらいの年齢がいいかどうかも大きな目安です。

また、性別はどうか、実際、多くの飼い主さんがメスのミニチュアダックスフンドのほうが飼いやすい、とコメントしています。オスのミニチュアダックスフンドのデメリットとして挙げられるのが、マーキングや縄張意識の表現が強いことです。

やはり、最大のポイントは飼い主が一目で気に入るかどうか、これを忘れることはできません。ペットショップが悪くてもこれだ、と思ったらそのときが飼い時、こうも言えます。

また、ミニチュアダックスフンドはとてもいたずら好きな性格を持っているため、購入する前に飼い主がしっかりとしつけの知識を持っておくこともとても大事です。

知識を持たずにミニチュアダックスフンドを購入してしまうと、なかなか言うことを聞かずに困ってしまい、とてもナーバスになってしまう飼い主さんが多くいます。

こうならないためにも、ミニチュアダックスフンドのしつけの仕方はしっかりと身に付けておくべきです。もし、あなたがミニチュアダックスフンドのしつけ方をしっかりと学びたいと考えているのであれば、遠藤和博先生のしつけ法をお薦め致します。

遠藤先生は2006年、2007年にはTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられています。

ですので、遠藤先生のやり方を学び、しっかりと実践すれば、飼い始めてから愛犬が言うことを聞かないなどと、困ることはなくなります。詳細は下記より確認することができますので、今すぐチェックしてみてください。