ミニチュアダックスフンドが嘔吐をするときのサインについてお伝えしています。

嘔吐の原因

ミニチュアダックスフンドはとてもかわいい犬種です。

ミニチュアダックスフンドが嘔吐してしまうには様々な理由がありますが、まず空腹によるものが考えられます。ミニチュアダックスフンドはお腹が空きすぎるとよく吐いてしまいます。

この場合、朝であれば朝ごはんを上げたら普通に食べるのであれば問題ありませんし、ミニチュアダックスフンドが空腹で吐いてしまうのは珍しいことでも何でもありません。

空腹の他にはストレスが溜まった場合もよく吐いてしまうことがありますし、ストレス過剰になった場合も空腹が影響している場合もあります。また、病気の症状として吐いてしまうこともありますので、常に監視しておかなければなりません。

また、ミニチュアダックスフンドが黄色い嘔吐をしてしまい、泡を吐いたり、食べたものも混ざっている場合は、空腹が影響しているものではなく、ストレスから来る病気に進行する可能性が大です。

アレルギー持ちのミニチュアダックスフンドの場合は身体にブツブツができてしまって痒くなり、そのストレスから来る場合もあります。

また、毛が生え変わる時期にも皮膚のマッサージやブラッシングをすると嘔吐の予防に効果的です。スリッカーではなくてピンブラシなどで皮膚をマッサージしてあげれば、飼い主とのコミュニケーションが取れてストレス緩和にもつながります。

食べたものを吐き出す場合、飲み込みがうまくいかないこともあります。原因は口腔や咽頭、食道などが考えられますが、病院でその原因を調べてもらうことが大切です。

また胃の機能障害による場合は、胃の運動性が早くなったり遅くなったりすることが原因です。大型犬に多い症状ですが、まず食べ物をゆっくり食べさせることが肝心です。また、胃捻転が起こると胃がねじれてしまい、そのまま命を落すことも考えられます。

たくさんのフードを与えて水もたくさん飲ませたりすると、胃の中にガスが充満して捻転しやすくなりますので、やはり食事はできるだけゆっくり、そして大量に一度に餌を置いておかないことも大切です。