ミニチュアダックスフンドの正しい散歩の仕方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

散歩の仕方

ミニチュアダックスの飼い主さん

ミニチュアダックスフンドは運動好きな犬種です。また、胃が丈夫でよく食べますので、運動不足になると肥満が起こりやすいのが、ミニチュアダックスフンドはの特徴でもあります。

散歩はやはりできるだけ継続させるのが上手な飼い方です。また、散歩のコツですが、まず飼い主の脇を一緒に歩くようにすることです。

後ろにリードを伸ばしてのろのろとついてくるようなミニチュアダックスフンドはほとんどいませんが、あまり早く歩きすぎて引っ張るようにしてしまうと、ミニチュアダックスフンドの運動のペースが乱れてしまいますので、ちょうどよい速さを意識することが大切です。

また、散歩の時期ですが、子犬で連れてきてから伝染病の予防接種が効いて来る生後4ヶ月程度から始めるようにします。この頃からストレス解消や運動のために外出し、刺激を受け入れながら、飼い主の行動に慣れさせるとよいと思います。

他にはリードの習慣ですが、いきなり外出して繋げてもなかなか取り合ってくれませんので、室内で付けて首を引っ張られて歩くことに慣れさせることも大切です。

だんだんと距離を伸ばしていき、最後には1回20分から30分、1日2回が程よいペースです。ミニチュアダックスフンドはチワワなどと比べると、かなり運動量は多めに必要ですので、飼い主の体力が負けないようにしてください。

散歩時の歩き方は、しっかりと首を上げて歩くこと、リードは引っ張らないように適度に緩めながら余計な行動をしないように注意することです。

また、公園などへ連れていき、穴掘りを積極的にさせてあげることも必要です。ミニチュアダックスはもともと、アナグマ猟用の犬として古くから飼われていたため、地中の穴に入り込んで獲物を捕らえることが得意な犬です。

ですので、穴掘りをさせてあげることは運動のためにも、野生の本能を忘れさせないためにも、とても大事なことですので、積極的に穴掘りをさせてあげるようにしてください。

しかし公園によっては、掘ってはいけないところもけっこうありますので、注意することが必要です。また、できるだけ自由に遊ばせて上げるように定番のコースを設けたり、おもちゃなども持っていくとなお喜ぶと思います。

そして、気を付けて欲しいのが無駄な拾い食いです。拾い食いをしてしまうと、ミニチュアダックスフンドは生命の危険に侵されてしまうこともありますので、飼い主がよく注意してあげることが必要です。

初めはミニチュアダックスフンドの目の位置がとても低いために、飼い主がとまどうこともあると思いますが、徐々に慣れていくと思いますので、一緒に散歩が楽しめるように色々と工夫してみることが良いと思います。

ですが、もしあなたが飼っているミニチュアダックスフンドが、散歩中のリードの引っ張りがひどくて困っている、なかなか言うことを聞いてくれない、と悩んでいるのであれば、遠藤先生のしつけ法を学ぶことをお薦めしたいと思います。

遠藤先生は2006年、2007年にはTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、優秀なドックトレーナーです。

また、遠藤先生のやり方を学んだ10000人以上のミニチュアダックスフンドの飼い主さんが、短期間で愛犬をいい子にしつけることに成功しています。

きっと、遠藤先生の方法があなたのミニチュアダックスフンドをいい子にさせるきっかけになると思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。